お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

あきたこまち

秋田県の奨励品種

あきたこまちは、コシヒカリより早熟かつ同程度の食味を持ちあわせた品種を目指して、昭和50年(1975年)に初めて交配が行われました。
その後、昭和52年(1977年)に種子を秋田県が譲り受け、育成や選抜、数々の試験を行い、昭和59年(1984年)に秋田県の奨励品種に採用されました。

主な産地は秋田県ですが、隣県の岩手県をはじめとする全国各地で生産がされています。
また、秋田県内でのあきたこまちの作付けは80%を超えています。

小野小町と深い関係

あきたこまちの名前の由来は、秋田県雄勝町小野の里に誕生した「小野小町」に関係があります。
小野小町というと、日本でいわれている「世界三大美女(クレオパトラ・楊貴妃・小野小町)」のうちの一人です。

その小野小町にちなんで、「おいしいお米としてみんなに愛され、そして高い名声を得るように」という願いが込められ命名されました。

コシヒカリを親に持つ

あきたこまちは、良食味の「コシヒカリ」を母に、病気や冷害に強い「奥羽292号」を父として掛け合わせ、誕生しました。

コシヒカリを親に持つので、粘りや旨味を引き継いでいます。

あっさりとした味わい

前述の通りコシヒカリの遺伝子を受け継いでいるので、旨味は強いです。粘りや歯ごたえはそれほど強くなく、あっさりとした食味です。
そのため、たくさん食べても胃に負担がかからず、つい何杯も食べてしまうお米です。

丼ものやお茶漬けにも

あっさりとした食感から和食によく向きます。お米の味がしっかりしているという特徴から、丼ものやお茶漬けにして食べるとより美味しく食べられます。

また、冷めても美味しいので、お弁当やおにぎりにも向いています。

おすすめお米店