お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

JAS規格とは

JAS規格とは何か

JAS規格とは、Japanese Agricultural Standardの略で、「日本農林規格」を意味します。

日本農林規格とは、1950年に公布された「農林物資の規格化及び品質表示の適正化」に関して定められたJAS法に基づいて、農・林・水・畜産物およびその加工品の品質保証を規格したものです。 このJAS規格に適合した製品には「JASマーク」が付けられ、安全性において一定の品質をクリアしたことが証明されます。 ですから、このJASマークを目印にすれば消費者だけでなく、事業間取引でも安心して製品を購入することが可能となります。

しかし、JAS規格と一口に言っても、品質保証する対象には様々なものがあるため、出荷時に付けられる品質保証を証明したマークには複数の種類があります。

JAS規格マークあれこれ

JASマーク

品位、線分、性能等の品質においてJAS規格の基準を満たす食品・林産物であることを証明するマークです。

特定JASマーク

特別な生産方法や製造方法についてJAS規格の基準を満たす食品と、同種の製品と比べて品質等に特色があることを規定したJAS規格の基準を満たす食品であることを証明するマークです。

有機JASマーク

有機農産物であることのJAS規格の基準を満たす農産物、および農産加工食品であることを証明するマークです。

生産情報公表JASマーク

生産情報公表JAS規格に基づき、給餌や投与された医薬品などの情報が公表されている食肉や、使用した農薬・肥料などの情報が公表されている農産物に付けられるマークです。

低温管理流通JASマーク

製造から販売までの過程を一貫して一定の温度を保って流通した加工食品に付けられるマークで、米飯を用いた弁当類での認定が主流です。

JASとJAの違いについて

一般的に多くの農家が取り入れている栽培法です

「JAS」が「農・林・水・畜産物およびその加工品に対して設けられた品質保証規格」であることに対して、 「JA」とは「日本農業共同組合」、「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字2つを略したものです。

JAは全国各地の殆どの地域で農家が中心となって組織されており、組合員農家の農業経営と生活を守ることを基本に運営されています。 活動内容は農業経営や技術指導などのアドバイスだけでなく、生産資材等の共同購入や、農産物の共同販売、農業生産等に必要な共同施設の設置なども行っています。

ですから「JAS」が「製品を購入する人たちを守るために作られた規格」であるのに対して、「JA」とは「製品である農産物を生産する農家を守るために組織された協同組合」という位置づけになります。

JAのメリット

JAは農家を守るために組織された協同組合ですが、そのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

主なメリットとして、

  • 農業経営や指導が受けられ、市場の状況を把握できる
  • 共同販売等、販売網が用意されているので販売に困らない
  • 生産資材等の共同購入が可能
  • 農業生産等に必要な共同施設の利用が可能
  • 農業資金を低金利で借入できる
  • 組合員同士での意見交換が密にとれる
  • 青色申告時に必要な取引明細等を農協で用意できる

などが挙げられます。

組合員ではない場合、農産物の生産の他に、これら全てを自分で行わなければならないので、組合員になるメリットは大きいと言えます。

おすすめお米店