お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

白米

概要

普段、皆さんが食べているお米がこの白米です。ぬかと胚芽を落としているので、クセもなく、消化もいいです。美味しいご飯を炊くポイントは「計量」です。お米と水の量をきっちり測ることで見違える味になります。

どういう状態のお米でどんな特徴を持っているのか

お馴染みのお米です

白米は、日常生活で皆さんがよく食べているお米です。完全に精米した状態なのでぬかと胚芽がなく、見た目も美しい白色です。また、栄養価も高く、最近では白米をしっかり食べて痩せる「白米ダイエット」を実践している方も多いです。

味の特徴

食べ慣れている味です

やわらかく甘みがあり、いつ食べても「ほっ」とするような、世代を問わず何度でも食べたくなる味です。

炊き方

計量をしっかりする

白米をおいしく食べるポイントは、お米の量と水分量をしっかりと計量することです。

洗い方として、お米を洗うと最初の1~2回目のお水はぬかが落ちるため、お米がそれを吸い込まないよう手早く捨てます。また、お米をつぶさないよう優しく混ぜましょう。洗米は3回ぐらいが目安です。

洗米後は、しっかりと浸水させましょう。
適した浸水量は、お米1カップ(180cc)につき水200ccが目安ですが、新米などは若干少なめにするとよりおいしく炊けます。
浸水時間は2時間以上、寒い時期は6時間以上が目安です。

浸水後は炊飯器で通常通り炊きましょう。
まとめて炊いた場合は、1食分ごとにラップをして冷まし、そのあと冷凍保存をするといつでも美味しく食べられます。

おすすめお米店