お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

七分づき米

概要

「七分づき米」とは、玄米からぬかと胚芽を7割ほど精米した状態のお米です。分づき米の中で一番白米に近く、食べやすいお米です。見た目は白米とほぼ変わりませんが、よく見るとぬかや胚芽が残った粒が混ざっています。

どういう状態のお米でどんな特徴を持っているのか

白米に近い状態

「七分づき米」とは、玄米の状態から更に7分ほど精米したお米です。ほぼ白米の状態ですが、胚芽の栄養分が白米よりも多いです。

味の特徴

分づき米の中で一番クセがない

「やや歯ごたえのある白米」のような食感なので、分づき米の中で一番食べやすいと言われています。健康志向だけれど、玄米だと胃に負担がかかってしまう方や、玄米の味が苦手なお子様にもおすすめです。

炊き方(家庭用炊飯器編)

手早い洗米がおいしさを引き立てる

「7分づき米」を洗米する際は、特に最初の2回程度は手早く洗いましょう。ぬかが落ちた水をお米が吸ってしまうのを防ぐためです。

洗米方法ですが、まず水を入れて軽く混ぜたら早めに水を捨てます。次に、水がない状態で20回程度混ぜ、混ぜ終わったら今度は水を入れて混ぜ、すぐに水を捨てます。
このような洗い方を2~3回ほど繰り返すと、丁度良い洗米具合になります。

洗米が終わったら、通常の白米を炊くときと同じか、少し多めの水にお米を浸水させます。
浸水時間は少なくても2時間以上、冬は6時間以上おきましょう。

浸水後は白米を炊くときと同じように炊飯をすればおいしく食べる事が出来ます。
注意点として、保温したまま放置しておくと、変色や炊飯器ににおいがついてしまうので、一度に食べるぶんだけ炊くか、もしくは1回分ごとにラップして冷ましてから冷凍保存をしましょう。

おすすめお米店