お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

酒米

概要

酒米は普通のうるち米に比べて大きさが大きく、お米の中心部の「心白」と呼ばれる部分が大きいです。
数ある品種の中でも「山田錦」が有名で、仕込んだお酒は数多く、品評会も出場しています。

どのような種類(品種)があるのか

粒と心白が大きいです

お酒作りに適したお米の条件として、

  • 食用のお米に比べて粒が大きい
  • 保水力があり醸造しやすい
  • お米の中心部である心白が大きい
  • たんぱく質と脂質が低い

ということが挙げられます。

酒米はたくさん種類がありますが、特に「山田錦」「五百万石」「雄町」「出羽燦々」「美山錦」などが有名です。

上で選んだ米の特徴を説明

比較的昔から日本に伝わってきた物が多いです

山田錦

1923年に兵庫県での交配から始まり、後に同じく兵庫県内で1936年、山田錦と命名され、誕生しました。
主な生産地は兵庫県ですが、岡山県、福岡県でも多く生産されています。
「酒の王者」とも呼ばれ、品評会で出されるお酒に使用される事も多いです。

精米時に砕けにくく、洗米時に割れやすいという特徴があります。
山田錦自体の流通はあまりありませんが、煎餅などに加工されて販売される事もあります。

五百万石

1956年に新潟県にて育成、誕生しました。
新潟県の米生産量が「五百万石」を超えたというのがきっかけで、この名前になりました。
主な生産地は新潟ですが、他にも福島県、富山県、石川県なども作っています。

辛口で、香りが良くなめらかなお酒に仕上がります。

雄町

1859年(安政6年)に偶然、岡山県で発見された酒米です。
掛け合わせなどなく、純粋な酒米の元となる種類です。山田錦の祖先に当てはまります。

米粒の心白が厚く丸みがある状態なので、醸造する事で柔らかくなめらかなお酒に仕上がります。

出羽燦々

1997年に山形県にて美山錦と青系酒97号を交配、育成したことにより登録された酒米です。主な生産地は山形県です。まろやかな香りの仕上がりです。

美山錦

1978年に長野県で交配された「たかね錦」を放射線処理をした事で突然変異が起こり誕生した酒米です。
主な生産地は長野県ですが、秋田県や岩手県などでも生産されている酒米です。
美山錦で仕込んだ酒はすっきりとした味わいになります。

酒米の食用について

基本的にお酒専用です

一般的に酒米は流通する事がほぼなく、入手する機会があまりありません。
なぜかと言うと、ご飯として炊いたとしてもパサパサしたような食感になり、あまり食用に適していないからです。ですから、酒米は食用として食べずにお酒として楽しみましょう。

おすすめお米店