お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

うるち米

概要

日頃私たちが主食として食べている「うるち米」には多くの品種があります。
その中でもコシヒカリを初めとした代表的な品種のご紹介と、向いている料理、そして美味しいご飯を炊くポイントなどをご案内します。

どのような種類(品種)があるのか

普段から慣れ親しんでいるお米です

「うるち米」とは、日頃私たちが食事でよく食べるお米のことです。
「コシヒカリ」「ヒノヒカリ」「あきたこまち」「ひとめぼれ」などをはじめ、多くの品種があります。

上で選んだ米の特徴を説明

全国各地で様々な品種が誕生しています

コシヒカリ

1944年、新潟県で育成、誕生しました。誕生当初は名前がなく、のちの1956年に「越の国に光り輝く米」という意味を込めてコシヒカリと命名されました。

生産地は主に全国で、北海道、青森県、沖縄県以外の県で作られています。

味がしっかりしていて粘りも強く、栄養バランスも抜群という優秀なお米です。お米本来の味を楽しみたいときにおすすめです。

向いている料理に、

  • おにぎり
  • お弁当
  • 笹寿司

などがあります。

ヒノヒカリ

1989年に宮崎県で育成、誕生しました。
宮崎県を中心に、九州で広く生産されています。
ふんわりとした食べやすい食感が特徴で、見た目も丸み・厚みがあるお米です。
水加減を調整して固さを変えて炊ける特徴があります。

向いている料理に、

  • チャーハン
  • 丼物全般
  • オムライス
  • 炊き込みご飯
  • お弁当
  • おにぎり
  • ピラフ

などがあります。

あきたこまち

1975年に福井県で交配が行われ、以降秋田県で選抜を繰り返し、1984年に秋田県雄勝町で生まれたと伝わる小野小町にちなんで、名声を得るように「あきたこまち」と命名されました。

生産地は、秋田県が最も多く、岩手県や茨城県でも多く生産されています。
綺麗なつやと、粘り強くもあっさりとした食感が特徴です。

向いている料理に、

  • 丼物全般
  • ビビンバ
  • おにぎり
  • お弁当
  • カレー
  • お茶漬け

などがあります。

ひとめぼれ

1981年、宮城県においてコシヒカリと初星を交配させ、1991年にひとめぼれと命名され、誕生しました。

寒さに強い性質があり、主に東北で生産されています。中でも宮城県産のプレミアムひとめぼれ・みやぎ吟撰米というブランド米が人気です。
食感も味も非常にやわらかいお米なので、高齢者など、固いものが食べづらい方でも美味しく食べることができます。少し柔らかめに炊くのがコツです。

向いている料理に、

  • 丼物全般
  • 混ぜご飯
  • ちらしずし
  • 炊き込みご飯

などがあります。

おいしく食べられる炊き方(家庭用炊飯器編)

お米を洗う時に注意!

ご飯の計量は、大体ではなくしっかりと行いましょう。カップ1杯=すりきりで1カップです。

また、お米を洗う際に、ぬかをよくとるため「ギュッギュッ」とつぶすように洗う方もいらっしゃるかもしれませんが、お米が割れてしまうので軽く混ぜるよう心がけましょう。

お米を洗うのは、多くても3回ぐらいがちょうど良いです。
また、ずっと同じ水で洗わないようにしましょう。洗うたびに軽くざっと混ぜるようにして早めに水を取り替えます。
特に1回目は軽く混ぜてすぐに捨てましょう。水がぬかのにおいを吸い込んでしまうからです。

洗ったら、ざるにあげて10分ぐらい置いて軽く水を切ります。

そして炊飯時には水の量をしっかりとはかり、しばらく水につけておきます。
新米・春夏秋は30分程度、古米・冬場は1時間程度が目安です。
このひと手間を加えることにより、お米に水分が浸透し、ふっくら美味しく炊き上げることができます。

炊飯前に、おかまの内側についた水分をふき取ってからセットをします。
炊き上がり後はすぐにほぐすことで適度に水分が飛んでより美味しいご飯となります。

おすすめお米店