お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

あきげしき

九州中部で生産が盛んなあきげしき

あきげしきは、宮崎県で平成2年(1990年)に育成が開始されました。
平成6年(1994年)には「南海131号」という系統名が付けられ、平成8年(1996年)に系統適応性検定試験や特性検定試験などを行い、ようやく平成9年8月に「あきげしき」という名前が命名されました。
育成地は宮崎県佐土原町です。

あきげしきの主な生産地は九州中部の中山間地帯で、特に熊本県阿蘇での生産が盛んです。
熊本県には名水百選にも選ばれた水源があり、おいしい湧き水でお米が育ちます。

あきげしきは「秋景色」から

あきげしきの名前の由来は「秋景色」からです。
稲穂の色がとても鮮やかな黄金色で、収穫期の秋の恵みをより豊かに彩るものになってほしい、という思いから命名されました。

収穫されたお米を食べるのはもちろん、収穫前の美しい田んぼを見に行くのもおすすめです。

掛け合わせ

「ヒノヒカリ(南海102号)」と「西海199号」を掛け合わせてできたのが「あきげしき」です。
ヒノヒカリの極良と言われる食味をあきげしきは受け継いでいます。

良食味品種のあきげしき

あきげしきの粒はやや大きめで、炊飯時にとても美しい艶が出るお米です。
食感は、歯ごたえがよく、噛むほどに満足感が得られます。よく噛んで味わいながら食べることをおすすめします。
また、食味もとても優良で、良食味品種として知られています。

お寿司に最適

あきげしきはお寿司に最適なお米です。
他の具の味を邪魔することなく、かつお米本来のうまみを感じることができます。
また、炊きたてはもちろん、冷めても美味しく食べられます。

おすすめお米店