お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

11月のイベント 新嘗祭(にいなめさい)

11月23日に行われる宮中行事

「新嘗祭(にいなめさい)」は「しんじょうさい」とも呼ばれ、毎年11月23日に行われる宮中祭祀の一つです。

秋の収穫祭にあたり、飛鳥時代から始められている行事です。天皇陛下が自らその年の新穀を神さまに奉納し、また、自ら共に食しながら収穫を感謝、そして来年の豊作を祈願します。伊勢神宮や出雲大社など、宮中の他でも同様の儀式が行われています。

秋の収穫は国家繁栄のためにとても重要なことであり、古くから大切な儀式として行われてきました。また民衆の間でも収穫を祝う習慣があり、日本各地の収穫際を見てみると、この新嘗際の儀式が起源になっていると思われるものも見受けられます。

飛鳥時代より続く儀式

日本では古くから五穀の収穫を祝う風習がありましたが、それを儀式とする形式ができたのは飛鳥時代の皇極天皇の代といわれています。

新嘗祭は11月23日夜から24日未明に皇居内の宮中三殿の近くにある神嘉殿にて行われます。天皇陛下が自ら趣き、午後6時からの「夕(よい)の儀」と、同日の午後11時からの「暁の儀」を、それぞれ2時間程かけて行います。

この日は皇族の方々が神嘉殿に参拝し、神前にて天皇陛下が代表となり御告文(おつげふみ)を奏上し、新穀を神々と食べられる直会(なおらかい)を行います。

「新嘗祭」と「勤労感謝の日」について

新嘗祭は一時中断された時期もありましたが古くから行われており、毎年、旧暦の11月の2回目の卯の日に行われていました。この日は宮中だけではなく一般庶民もそれぞれに収穫を感謝し、来年の豊作を祈願する習慣を各地で行っていました。

明治時代に入ると、旧暦から太陽暦に切り替えられ、開催日は現在と同じく、11月23日に固定されました。この日付けは日本が太陽暦を採用したとき、太陽暦の11月の2回目の卯の日が偶然23日だったので、この日に定められました。また、同時に憲法にて明確に「新嘗際」の名前で国民の祝日と決められ、それ以降11月23日は休日として国民に定着しました。

しかし、1945年に日本が第二次世界大戦で敗戦すると、日本はGHQによる統治下の時代に入りました。そして、天皇の影響力を弱めたいと考えていたGHQの方針により宮中行事を国家から切り離す目的で1947年に「勤労感謝の日」と改称されました。それ以降は農業に留まらず、「全ての勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」として定着しています。

おすすめお米店