お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

6月のイベント 壬生(みぶ)の花田植

6月の第1日曜日に行う伝統行事

壬生の花田植は広島県山県郡北広島町(旧・千代田町)で、毎年6月の第1日曜日に、その年の豊作を願って行われる伝統行事です。

中国地方一帯では鎌倉時代より、ささらの拍子にあわせ、笛太鼓を鳴らして、田植唄を歌いながら大勢で田植えを行う「はやし田」や「田ばやし」などと呼ばれる民族行事が残されています。
時代の波に押され、行われない時期もありましたが、この地域で行うはやし田は、商家や楽団など地域一体となり、後世に残す保存活動を行ってきました。そして、1976年に国の重要無形文化財に指定され、2011年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

総勢100余名による、壮大な田園絵巻

壬生の花田植の見どころは、主に以下の4点にまとめられます。

飾り牛

催しに使われる牛は10数頭で、壬生神社の境内に集められます。牛にはそれぞれ赤・青・緑・黄色の布を掛け、龍や兜を象った豪華な花鞍を装着し、首玉と呼ぶ赤い布袋に綿を入れた飾りをつけます。この様に華やかに飾り付けられることから「飾り牛」と呼ばれています。

出番が来ると、商店街を行列で歩き会場に向かいます。10頭を超える牛の行列は壮観であり、本番前の見せ場の1つとなるため沿道には多くの見物人がくりだします。

三拝(サンバイ)

田植えの総指揮をとる役目を三拝(サンバイ)と呼び、田の神様ともいわれる役柄でもあります。
三拝は袴姿に菅笠を被り、ササラと呼ばれる打楽器を打ち鳴らしながら数百もあるといわれる田植唄を歌って花田植の指揮を執ります。

囃し方

囃し方は、大太鼓、小太鼓、手打鉦、篠笛で構成され、三拝のササラの拍子に合わせて囃しを奏でます。

拍子に合わせて体をくねらせたり、バチを投げて隣に受け渡す技など演奏以外にも魅せる技を習得しています。

早乙女

早乙女は田植えをする女性のことをいい、三拝の温度に合わせて田植唄を歌いながら田んぼに早苗を植える花田植の主役の1つです。
服装は絣(かすり)の着物に赤いたすきを掛け、豆絞りの手拭いに菅笠を被り、手には手甲、足には脚絆(きゃはん)をつけて、田んぼに入ります。

壬生の花田植について

壬生の花田植は鎌倉時代の頃から行われ始め、三拝(田の神)を祭って豊作と無病息災を願って田植を行う農耕儀礼であるとともに、重労働である田植作業を楽しくできるようにするための工夫でもありました。大地主になると、組織的にはやし田を行う人も現れて、見物人が来るようになりました。

やがて大勢の人が集まって段々と華やかになり、中国地方一帯で行われるはやし田の中でも最大規模のものに成長します。
早乙女や飾り牛の華やかな様子から「壬生の花田植」と呼ばれるようになりました。

今日では初夏の農村の一大絵巻として、マスメディアにも取り上げられています。

おすすめお米店