お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

1月のイベント 人日の節句(七草粥)

お正月の最後は七草粥を食べよう

人日の節句とは五節句の内の一つです。 古来中国では、1月の1日から7日までをそれぞれ順番に、鶏の日、狗(犬)の日、猪(豚)の日、羊の日、牛の日、馬の日と定めていました。そして、7日目の人の日に7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣がありました。羹はとろみのある汁物を指し、シチューのような料理のことをいいます。

この習慣が日本にも広まり、平安時代から始められ、江戸時代に入ると一般庶民の間にも定着しました。また、人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、将軍をはじめ全ての武士が七草粥を食べて人日の節句を祝ってきました。

七草粥を食べることから七草の節句とも呼ばれています。今日では地方によって食材が変わり、様々なバリエーションの七草粥が食されています。

無病息災を願って食べる七草粥の由来

七草粥は名前の通り、7種類の野菜が入っていることに由来します。日本では室町以降から汁物ではなくお粥が食べられるようになり、今日まで伝わっています。毎年、人日の節句(1月7日)の朝にその年の無病息災を願って食されます。

七草とは地方によっても異なりますが、主に芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)の7種類を指します。
これらの野菜は早春(年明け)の頃に一番に芽吹くので「春の七草」とも呼ばれ、邪気を払う食べ物とされており、占いなどの呪術的な意味合いとして食されてきましたが、中世以前の世界では野菜が不足しがちな冬場でも手に入り、栄養素を補う食材でした。また、時期的にもお節料理などの祝膳や祝酒を食す機会が多く、疲弊した胃腸を休める効能があります。

炊飯器でできる七草粥のレシピ

炊飯器で簡単にできる七草粥

材料2~4人分

  • 1合
  • 七草七草パック1つ
  • 適量
  • 1000ml

作り方

  1. 七草は毎年、お正月の時期に販売される七草パック(セット)を使うと手軽にできます。七草をそれぞれ水で洗い、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)は葉と茎を切分け、すずなはひげ根を切り落とします。葉も食べられるので捨てないようにしましょう。
  2. 葉物は1cm位の食べやすい大きさに切り、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)はイチョウ切りにします。
  3. 菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)は2~3分程茹で、葉物は30秒程煮て湯通しをします。
  4. 白米を研ぎ、水1000mlと一緒に炊飯器のお粥モードで炊きます。
  5. 炊き上がったら、茹でた菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)と、湯通しした葉物を混ぜて良くかき混ぜます。
  6. お好みで塩を振り、味を調えて完成です。

おすすめお米店