お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

お米の栽培方法

栽培法の違いについて

近年は、食の安全を求める消費者の間で、特に主食となるお米の質を気にする方が増えてきました。しかし、種類によってどう違うのかいまいちわからないという方も多いのが現状です。
ここでは、これらの違いを見分ける栽培法についてご説明いたします。

有機栽培米とは

農薬、化学肥料の取り扱いに規定があります

有機栽培米は、栽培地で2年以上無農薬かつ化学肥料を使用しなかった田んぼで栽培されたお米です。
有機栽培での肥料は堆肥などの有機肥料を使用し、雑草は除草剤などを使わず手作業で草取りをするといった手間がかけられています。

無農薬栽培米とは

農薬の扱いに規定があります

無農薬栽培米は名前のとおり、農薬を使用せずに栽培されたお米です。
農薬だけ使用していないということで、肥料に関しての決まりは特にありません。
ですから化学肥料を使用していても、農薬を使用していない場合は無農薬米という分類になります。

減農薬栽培米とは

農薬の使用量に規定があります

減農薬栽培米は、通常の農薬使用量を半分以下の量まで減らして栽培されたお米です。
農薬の使用量のみ減らしているので、肥料に関しての決まりはありません。
減農薬の表示に関しては、農林水産省のガイドラインに従って表示することができます。

特別栽培米とは

それぞれの地域で規定が異なります

特別栽培米は、農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づいて栽培されたお米になります。
通常のお米の栽培に比べ、化学合成農薬の使用量を半分以下、そして化学肥料などの窒素の成分を半分以下にした環境で栽培されたお米です。
しかし、全国的に同じ基準量という訳ではありません。例えば、○○県では農薬を○回散布し、化学肥料の窒素量は○kgが基準というように、地域ごとに違うため、使用量の統一はされていません。

それぞれの栽培方法を見分けるには?

安心の目安になる有機JAS

安心できる食べ物を求める消費者にとって基準となるものは、有機栽培米、無農薬栽培米、減農薬栽培米、特別栽培米といった多くの表示です。

特に需要の高い有機栽培米に関しては、「JAS認証制度」が取り入れられています。
基準をクリアした有機栽培米には「有機JASマーク」をつけることができ、「有機米」「オーガニック米」といった表示を出すことができます。

おすすめお米店