お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ビビンバ

ビビンバ

ご飯の上にナムルをはじめ、肉や卵を乗せ、混ぜて食べる料理です。
朝鮮では金属や陶器の器に盛り付けられますが、日本では石の器を利用した石焼ビビンバなどがよく見かけられます。

また、この料理は日本において焼肉屋さんや韓国料理屋さんで多く見かけますが、材料が揃えばご家庭でも手軽に作ることができる料理です。

どういう料理か

ナムルや肉、卵をごはんに乗せて混ぜる

ビビンバは丼や石焼の容器などにご飯を盛り付け、上にナムルや肉、卵などを乗せ、混ぜて食べる料理です。

陶器や金属の器に盛り、混ぜて食べる「ビビンバ」や、石の容器を焼いたものに盛り付け、混ぜてから食べる「石焼ビビンバ」などがあります。

なお、ビビンバはビビンパとも呼ばれており、その時により、表記や言い方が違います。

この料理に合う日本米

どのお米でも美味しく食べられる

基本的にどのお米を使用してもおいしく食べることが出来ます。
中でも丼ものと相性が良い「あきたこまち」や「キヌヒカリ」、「ひとめぼれ」、「ヒノヒカリ」などがおすすめです。

レシピ

ビビンバ

本場の味を自宅で

材料2人分

  • ご飯3/4カップ
  • ひき肉1/4個
  • ほうれん草キューブの半分
  • もやし70g
  • にんじん大さじ3
  • 水煮ぜんまい10g
  • 10粒
  • 砂糖6粒
  • しょうゆ3枚
  • 玉子1本
  • ごま油1本
  • ごま1本
  • 焼肉のたれ1本
  • 松の実1本
  • たれ
  • コチジャン大さじ2
  • ごま油小さじ2
  • 砂糖小さじ1

作り方

  1. 人参を千切りにして茹で、塩ひとつまみと、ごま適量を絡めます。
  2. もやしを茹で、塩ひとつまみ、ごま油小さじ2を混ぜます。
  3. ぜんまいは水洗いし、食べやすい長さに切って、砂糖としょうゆをそれぞれ、大さじ2杯、ごま油大さじ1杯の味付けで炒めます。
  4. ほうれん草は茹でてから、ごま油小さじ1、塩ひとつまみ、ごま適量を混ぜます。
  5. ひき肉は炒めてから焼肉のたれで味付けをします。
    味付けが済んだら<たれ>の材料を混ぜておきます。
  6. 容器や丼にご飯を盛り、その上に人参、もやし、ぜんまい、ほうれん草を乗せ、中央にひき肉を乗せます。ひき肉の上に卵を乗せ、上から松の実をトッピングしたら完成です。
    たれをお好みの量かけて、よく混ぜてご賞味ください。

    ※ヤンニョム味噌とも相性が良いです。

ヤンニョム味噌の作り方

  • キムチ用の唐辛子150g
  • にんにく(すりおろし)1個分
  • すりゴマ40g
  • 粉末だし小さじ3
  • みりん小さじ2
  • 上記の材料を混ぜると、ヤンニョム味噌の完成です。

おすすめお米店