お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ジョロフライス(ガーナ風炊き込みご飯)

ジョロフライス

ガーナ地方で食べられているピラフのようなお米料理です。
トマトベースの味付けでスパイスが使われているので、ピリ辛な味付けがポイントです。

調理のポイントをおさえ、スパイスを揃えれば、日本の家庭でも作ることができます。

どういう料理か

西アフリカのお米料理

ジョロフライスはガーナをはじめとする、西アフリカの一部で食べられているお米料理です。
蓋つきの鍋やフライパンで作る料理で、一般的に肉と野菜を一緒に香辛料で炒め、炊き上げます。
例えるならスパイシーなトマトベースの炊き込みご飯で、日本人が口にしても、比較的食べやすい味付けです。

セネガルやガンビアでこの料理が誕生したといわれ、のちにナイジェリアやガーナへ伝わったといわれています。

また、作る方により、ボリュームたっぷりな肉を添える場合や、野菜をたくさん入れて作ったりなどそれぞれ違いがあります。
アフリカでは主にインディカ米(細長いお米)で調理されています。

この料理に合う日本米

粘りが弱めのお米

粘りが少ない「ささにしき」、「あきたこまち」、「ヒノヒカリ」などがお勧めです。

レシピ

ジョロフライス

本格的な材料をそろえて

材料5人分

  • お米1杯分
  • 手羽元もしくは牛肉1個
  • トマト缶30g
  • 玉ねぎ10cm
  • にんにく適量
  • トマトピューレ少々
  • ローリエの葉少々
  • パプリカお好みの量
  • ピーマン小さじ1/2
  • コンソメキューブ小さじ1
  • 塩・こしょう小さじ1
  • カイエンペッパー小さじ1
  • オレガノ小さじ1

作り方

  1. お米は洗ってから「ざる」に上げます。
    玉ねぎとにんにく、パプリカ、ピーマンは、みじん切りにします。
  2. 肉は塩・コショウで下味をつけます。
    その後フライパンで両面を焼き、焼き色がついたら取り出し、にんにくと玉ねぎを炒めます。
    玉ねぎが透き通ってきたらカイエンペッパーを加え、その後、トマト缶のトマトのみを加えます。(トマトの液は後で使いますので捨てないで下さい)
  3. 炒めて全体的に汁気がなくなってきたら、塩・コショウとオレガノを加えて炒め、さらにお米を加えて炒めます。
  4. トマトの液体と水(分量外)を合わせて550ccにしたものを加え、コンソメとトマトピューレを入れ、上にローリエを乗せて蓋をし、弱火で15分間加熱します。
  5. 15分後に蓋を取り、ピーマンやパプリカを乗せ、再び蓋をして5分間、弱火で加熱します。
    加熱後、火を止めて10分ほど蒸らした後、ジョロフライスの上に鶏肉を乗せて完成です。お好みでオレガノを追加するのもおすすめです。

おすすめお米店