お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

サムゲタン

サムゲタン

鶏まるごと1羽の中に、漢方やもち米を詰めて煮込んだ薬膳料理です。
飲食店で注文すると高価な料理ですが、家庭で調理すればお手ごろ価格で食べることができます。

どういう料理か

栄養満点の薬膳スープ

サムゲタンは、鶏の中にもち米や高麗人参などの漢方を詰めて煮込んだスープです。
薬膳料理の一つで、夏バテ対策のひとつとして食べられています。
もち米を用いて作っているので、栄養たっぷりで、また煮こんであることで消化もよく、鶏のダシと漢方の両方の味をしっかり楽しめる料理です。

飲食店で食べる料理というイメージが強いですが、ご家庭でも作ることができます。

この料理に合う日本米

もち米を使用

もち米を詰める料理なので、「はくちょうもち」、「ハクトモチ」、「はりまもち」などを使用しましょう。

レシピ

サムゲタン

しっかり煮込んでうまみアップ

材料1人分

  • 一羽(もも肉4本でも代用可)
  • もち米1/4カップ
  • 3カップ
  • 乾燥なつめ4個
  • クコの実大さじ1
  • 松の実小さじ2
  • ごぼうまたは高麗人参1本
  • 干し椎茸4枚
  • にんにく2片
  • しょうが1かけ
  • むき栗4個
  • 銀杏8個
  • 小さじ1
  • 適量

作り方

  1. もち米は洗って1時間ほど浸水させます。
  2. 干し椎茸はあらかじめ1カップのお湯に入れ(分量外)戻します。
    戻し汁は後で使うので捨てないで下さい。
  3. 鶏肉は、鶏丸ごと一羽調理する場合は中を洗ってから、もも肉の場合はそのまま塩(分量外)とお酒をかけて下味をつけます。
  4. ごぼうは食べやすい大きさに切って水にさらします。
  5. にんにくはそのまま使うので皮だけむいておき、しょうがはスライスします。
  6. 鶏を一羽使う場合は、鶏の中にもち米、ごぼう(高麗人参)、松の実、クコの実、むき栗、銀杏を詰め、出てこないようにタコ糸で留めます。それと一緒になつめ、椎茸、にんにく、しょうがを鍋に入れ、水3カップと椎茸の戻し汁、塩小さじ1を加えて煮ます。

    もも肉の場合は、具材を詰める作業はなくなるので、上記の材料を鍋に入れ、水3カップと椎茸の戻し汁、塩小さじ1を加えて煮ます。

  7. 1時間30分以上煮込みます。途中であくが出てくるのですくいましょう。
    圧力鍋を使用する場合は、弱めの中火で30分程度煮ます。
    一定時間以上煮込んだら味や火の通りを確認し、塩・こしょう(分量外)で味を調えたら完成です。

おすすめお米店