お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

カオパット(タイ風焼き飯)

カオパット

カオパットはタイのチャーハンです。日本人でも食べやすいタイ料理のひとつで、パラパラとしたお米とナンプラーベースの味付けが、思わず後を引く美味しさです。

どういう料理か

タイの炒飯

カオパットという名前には「ご飯を炒める」という意味があり、ご飯を野菜と肉、卵などと一緒に炒め、ナンプラーで味付けする調理法が一般的です。 また、「マナ」と呼ばれるタイのレモンなどの柑橘類を食べる際に絞ります。

カオパットはメインの食材によって呼び方が変わり、鶏肉を使う場合は、「カオパットガイ」、卵を使ったカオパットの場合は「カオパットカイ」と呼ばれます。

この料理に合う日本米

タイ米に似たお米

カオパットは通常、タイ米を使って作られます。
これを日本米に置き換えた場合、「華麗舞(かれいまい)」がオススメです。
華麗舞はインディカ米とジャポニカ米をかけ合わせて作られており、タイ米の特徴を持っているので食感が近くなります。

レシピ

カオパット

手際よくつくりましょう

材料2人分

  • お米お茶碗2杯
  • 鶏肉100g
  • たまねぎ1/2本
  • にんじん1/3本
  • にんにく1片
  • 万能ねぎ1本
  • 2個
  • きゅうりお好みの量
  • ナンプラー大さじ1と1/3
  • 砂糖小さじ2/3
  • がらスープのもと小さじ2/3
  • 胡椒少々

作り方

  1. きゅうりをお好みの量スライスし、鶏肉は一口大に切ります。
    また、たまねぎは1cmぐらいの角切り、にんじん・にんにくは細かいみじん切り、万能ねぎは小口切りにし、さらに卵を溶きます。
  2. ナンプラー、砂糖、がらスープの素、故障を混ぜておきます。
  3. フライパンでにんにくを炒め、香りが出てきたら鶏肉を加え、やや火が通ってきたらにんじんとたまねぎを入れて炒めます。
  4. 全体的に火が通ってきたらお米を加え、ほぐすように炒めます。お米の水分が飛んできたらドーナツ型にお米の形を整え、真ん中に油(分量外)と卵を追加し、ばらすように炒めます。
    ほぼ火が通ったら最後に<味付け>の調味料と万能ねぎを加え、さっと炒めれば完成です。
  5. つけあわせのきゅうりと一緒にお皿に盛り付け、お召し上がりください。

おすすめお米店