お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

カリフォルニアロール

カリフォルニアロール

アメリカ発祥の巻き寿司です。
酢飯を使い、主にアボカドやかにかまを具に巻くことが多く、また日本でおなじみの巻き寿司とは反対にご飯が外側で海苔が内側になる、裏巻きで作られることがほとんどです。

日本の江戸前寿司のように生の魚介を使用しないので、生魚が苦手な方でも食べられるお寿司です。

どういう料理か

見た目が美しいお寿司

カリフォルニアロールはアメリカで食べられている巻き寿司です。
1963年にロサンゼルスの東京会館で初めて登場した寿司が始まりです。

メインの具はアボカドやかにかま、クリームチーズで、ご飯が外側、海苔が内側になる巻き方が定番です。
また、外側になるごはんには色づけとしてとびっこや胡麻をまぶしたり、サーモンが巻かれる場合もあります。

見た目が鮮やかで美しく、食欲をそそります。

この料理に合う日本米

粘りが少なめのお米

「ササニシキ」や「にほんばれ」、「ヒノヒカリ」、「キヌヒカリ」、「あきたこまち」、「あいちのかおり」、「ハツシモ」がおすすめです。

レシピ

カリフォルニアロール

パーティーのおもてなしに

材料6本分

  • お米2合
  • アボカド4個
  • かにかま10本
  • きゅうり3本
  • 4個
  • 焼き海苔(全型)3枚
  • いりゴマお好みの量
  • 酢飯の味付け
  • お酢大さじ4と1/2
  • 砂糖大さじ2
  • 小さじ1と1/2

作り方

  1. お米は洗ってから30分(冬場は1時間)ほど浸水させ、一度水を切ってから、やや硬めに炊き上がるよう水加減を調整して炊飯します。
    また、炊飯中に<酢飯の味付け>の材料を鍋に入れ、軽く一煮立ちする程度加熱し、冷ましておきます。
  2. ご飯が炊けたら①で作った<酢飯の味付け>を加え、よく混ぜます。
  3. 卵を2個解きほぐし、塩と砂糖それぞれひとつまみ(分量外)を加え味を調整し、卵焼きを作ります。卵焼きが完成したら巻きすと同じ長さになるように、卵を細長く切ります。
    同じ作業をあと1回繰り返します。
  4. きゅうりを縦長にカットし、アボカドは種をとって8等分します。切り終わったらアボガドは変色防止のため、レモン汁(分量外)をかけておきます。
  5. 海苔は縦長になるよう半分に切り、かにかまはお好みの太さで割きます。
  6. 巻きすにラップを敷いて、ご飯を広げ、その上に海苔を乗せます。さらにその上にきゅうり、アボカド、かにかま、卵を乗せ巻きます。
    巻き終わったら、ラップのまま包丁で切り分けると型崩れしません。最後にゴマを散らせば完成です。

おすすめお米店