お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

キムパブ(韓国風巻き寿司)

キムパブ

韓国の海苔巻きです。
「キム」は「海苔」、「パプ」は「ご飯」という意味があります。
日本の海苔巻きと比べると、ご飯の味付け、中に入れる具、食べ方など全てが異なる料理です。

また、韓国では毎年1月15日に具無しのキムパブをナムルと一緒に食べると目が良くなるという言い伝えがあります。

どういう料理か

韓国の定番料理

ごま油で味付けをした、香ばしい風味の海苔巻きです。
日本の海苔巻きをアレンジして作られたもので、韓国ではファーストフードとして流行し、今では韓国料理の定番メニューとなりました。

食べ方も日本の海苔巻きとは異なり、すでに味がしっかりついているので、しょうゆなどはかけずにそのまま食べます。

この料理に合う日本米

どのお米でもおいしい

どのお米でも美味しく作れますが、冷めてもおいしさが変わらない「コシヒカリ」や「あきたこまち」、「ひとめぼれ」、「キヌヒカリ」、「ヒノヒカリ」などがおすすめです。

レシピ

キムパブ

家族や友達が集まる日に

材料7本分

  • 焼き海苔(全型)7枚
  • ご飯2合
  • ご飯の味付け
  • ごま油大さじ2
  • 炒りごま(白)大さじ2
  • 小さじ2/3
  • 中の具
  • 2個
  • ほうれんそう1/2束
  • 牛肉薄切り100g
  • 焼肉のたれ適量
  • ごぼう1/2本
  • にんじん1/2本
  • かにかまぼこお好みの量
  • たくあんお好みの量
  • キムチお好みの量
  • 適量
  • ごま油適量
  • しょうゆ適量
  • 適量
  • 砂糖適量

作り方

  1. 炊いたご飯に<ご飯の味付け>の調味料を入れ、味を調えます。
  2. ほうれん草は茹でて水を切り、根を切り落とします。
    その状態で、塩、ごま油で味付けをします。
  3. ごぼうはささがきにして、水にさらしあくを抜きます。あくが抜けたらごま油で炒め、しょうゆ、酒、砂糖などで味を調えます。
  4. ニンジンは縦に5mm幅ぐらいの細切りにしてから茹で、塩、ごま油で下味をつけます。
  5. たくあんやキムチを8mmぐらいの太さに切ります。
  6. 牛肉は巻き易い程度の細切りにし、フライパンで炒め、焼肉のたれで味を付けます。
  7. かにかまをお好みの太さに裂きます。
  8. 海苔はそのまま使うと大きすぎて食べづらいので、1/4ほど切り、大きいほうを使用します。
  9. 巻き酢の上に、海苔を乗せ、ご飯を広げます。きちんと巻けるように上3cmはあけておきましょう。
  10. ごはんの上に<中の具>を組み合わせて置き、しっかりと巻き込みます。
  11. 巻き終わったら、ごま油を海苔巻き全体になじむように塗ったら完成です。

おすすめお米店