お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

おはぎ

おはぎ

おはぎは、もち米を蒸して粒がやや残る程度についたものをあんと一緒に丸めた和菓子です。
こしあんやつぶあん、ごまやきな粉などさまざまな味が楽しめます。

どういう料理か

色んな味がある

もち米、もしくはもち米とうるち米を混ぜたものを蒸し、お米の粒が残るぐらいついてから丸め、餡などでくるんだ和菓子です

味の種類が多く、餡以外にもすりゴマやきなこ、青海苔、ずんだあん(枝豆から作られた餡)などで包んだおはぎがあります。

また、同じ和菓子で名前が違う「ぼたもち」がありますが、その違いは季節といわれています。(明確な答えは未だ解明されていません。)

それぞれを漢字で書くと、「お萩」「牡丹餅」となります。
お菓子そのもの自体は同じものですが、萩の花が咲く季節(秋のお彼岸)には「おはぎ」、牡丹が咲く季節(春のお彼岸)には「ぼたもち」と呼ばれると考えられています。

この料理に合う日本米

どのもち米でも美味しい

どのもち米でも美味しく作れます。
「ヒヨクモチ」「ヒメノモチ」「もちひかり」などは和菓子におすすめとされています。

うるち米を混ぜるようであれば、粘りがあって冷めても美味しい「ミルキークイーン」や「淡雪こまち」がおすすめです。

レシピ

おはぎ

定番の味

材料 約15個分

  • もち米2合
  • うるち米1合
  • 小豆300g
  • 砂糖300g

作り方

  1. 豆は水洗いして大きめの鍋に入れ、小豆よりも少し多めに水を入れて中火にかけます。
    途中、あくが出てきますので、さし水をしながらこまめに取り除きます。
  2. 30分ほど煮たら一度ざるに上げ、茹で汁を捨てます。
    茹で汁を捨てたら再び小豆を鍋に入れて、①と同じように水を入れ、豆が柔らかくなるまで煮ます。煮えたら再びざるに上げ煮汁を捨て、空の鍋に茹でた小豆を入れます。
  3. 鍋に砂糖を入れ、弱火でじっくりと煮溶かしながら小豆と混ぜます。
    混ぜていくうちにまとまるので、へらですくって「ぽてっ」と落ちるぐらいのやわらかさになったら一旦火を止めます。

    冷めると火を止めたときよりやや固くなるので、「少し柔らかいかな?」と思う段階で止めて大丈夫です。

  4. ご飯は洗って30分ほどざるに上げておきます。水が切れたら炊飯器に入れ、通常通り炊飯します。
    ご飯が炊けたらボウルに移し、ご飯粒が残る程度まですりこぎなどでつきます。
  5. あんこを50gずつわけます。
  6. 手のひらにあんこを乗せて軽く広げ、その上におはぎ一個分にまとめたご飯を乗せ、包みます。下の部分はご飯が出ていても構いません。

    ※包むとき、ラップを使うと綺麗に作れます。

おすすめお米店