お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ぼたもち

ぼたもち

ぼたもちは、もち米を蒸して粒が残る程度についたものをあんで包んだ和菓子です。
春のお彼岸に食べる和菓子で、ご飯を包む餡にはこしあんやつぶあんがあります。

どういう料理か

季節によって名前がかわる?

ぼたもちはもち米を蒸して、お米の粒が残る程度についたものを丸めて餡で包んだ和菓子です。

同じお菓子で名前が違う「おはぎ」がありますが、季節によって名前が変わるといわれています。(はっきりとした理由は未だ解明されていません)

それぞれを漢字で書くと「牡丹餅」「お萩」と書くことができ、
牡丹が咲く季節(春のお彼岸)には「ぼたもち」と呼ばれ、萩が咲く季節(秋のお彼岸)には「おはぎ」という名前になったと考えられています。

この料理に合う日本米

どのもち米でも美味しく作れます

もち米であればどの種類でもおいしいぼたもちが作れます。
コガネモチやヒヨクモチ、カグラモチなど色々な種類がありますので、お好みのもち米で作ってみましょう。

レシピ

ぼたもち

シンプルな粒あんのぼたもちです

材料 約15個分

  • もち米2合
  • うるち米1合
  • 小豆300g
  • 砂糖300g

作り方

  1. 小豆は水洗いして大きめの鍋に入れ、小豆よりも数センチ上になるラインまで水を入れて中火にかけます。煮ているとあくが出てきますので、さし水をしつつ取ります。
  2. 30分ほど煮てから一度ざるに上げ、茹で汁を捨てます。
    茹で汁を捨てたら再度小豆と水を鍋に入れ、豆が柔らかくなるまで煮ます。

    煮えたら再びざるに上げて煮汁を捨て、再び鍋に小豆を戻します。

  3. 鍋に砂糖を入れ、弱火で煮溶かして、小豆に混ぜます。
    へらですくって「ぽてっ」と落ちるまで煮詰めたらあんの完成です。
    あんは冷めると固くなるので少し柔らかめの段階で火を止めましょう。
  4. ご飯は洗って30分ほどざるに上げておきます。その後炊飯器の3合分の水加減で炊飯します。

    ご飯が炊けたらボウルに移し、ご飯の粒が残る程度まですりこぎでつきます。

  5. あんは50gずつ計量して丸めます。
  6. 手のひらに⑤を乗せて軽く広げて、その上におはぎ一個分に丸めたご飯を乗せ、包んだら完成です。包みづらい場合はラップを使うときれいに作れます。

おすすめお米店