お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

鯛茶漬け

鯛茶漬け

鯛茶漬けは鯛の刺身に下味をつけ、白いご飯の上に乗せ、お茶漬けとして食べる料理です。
鯛のさっぱりとしながらもコクのある深い味が、つい何杯もおかわりしたくなってしまう一品です。

汁物をかけるので、べたつかず粘りの少ないお米を使うのがポイントです。

どういう料理か

鯛の上品な味が楽しめる

ご飯の上に鯛の切り身を乗せ、上からお茶をかけた料理です。
鯛のだしがお茶の中に溶け出し、上品な風味を楽しむことができます。

お茶漬けなので一般的にはお茶をかけますが、だし汁をかけても美味しく食べられます。また、かけるお茶は緑茶ではなく、ほうじ茶でも香ばしい風味を感じられます。

この料理に合う日本米

粘り気が少なくしっかりしたお米

前述の通り、汁物をかけるので、粘りがすくなく硬めのお米が向いています。
ササニシキ、にほんばれ、ヒトメボレ、ヒノヒカリ、あきたこまち、きらら397、つがるロマンを使うことでおいしいお茶漬けを味わえます。

レシピ

鯛茶漬け

醤油ベースであっさりと

材料2人分

  • お米1合
  • 鯛の刺身一人50g
  • わさびお好みの量
  • 醤油大さじ1と1/2
  • みりん大さじ1
  • 炒りごま大さじ1と1/2

作り方

  1. お米は洗ってから30分(冬場は1時間)ほど浸水させ、ざるに上げてから少し硬めに仕上がるように水加減を少なくして炊きます。
  2. 小さな器などにみりんをうつし、ラップをして電子レンジで50秒加熱し、アルコールを飛ばします。
  3. すり鉢を準備し、ごまを入れ、すります。
    すりごま状態になったら、みりんと醤油を入れてよく混ぜてます。
  4. 混ぜた調味料に鯛の刺身を入れて軽く混ぜ、5分ぐらい味が馴染むよう置いておきます。
  5. 煎茶またはほうじ茶を淹れる準備をします。
    ご飯を丼によそって鯛の身を乗せ、お茶をかけてお好みで上にわさびを乗せたら完成です。

※三つ葉やあられも鯛と一緒に乗せると美味しく食べられます。

おすすめお米店