お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

赤ちゃんとお米

赤ちゃんの離乳食にはお米が最適

赤ちゃんが生後6ヶ月程になると、離乳食を与える時期になります。このとき、忙しいという理由から市販品の離乳食に頼ることもあるかもしれませんが、長期的な視点で赤ちゃんの健康を考えた場合、手作りで用意する方が好ましいといえます。

手作りで離乳食を用意する際には、消化も良く薄味で作ることができるお米がお勧めです。

離乳食でお米を使用するメリット

お米は消化が良く味付けも薄くできる

市販の離乳食は手軽な半面、味付けが濃い目に作られています。濃い味に慣れた子はその後も濃い味を好むようになり、結果的に塩分過多による生活習慣病になりやすい人に育つ傾向があります。そのため、長期的な視点で子供の健康を考えた場合、多少手間がかかっても手作りで薄味の離乳食を与えた方が良いでしょう。

日本の代表的な主食であるお米を利用すれば、消化吸収の良い離乳食を作ることができます。味付けも薄味で作ることができますので、離乳食としては理想的な食材です。

いつからお米を食べさせていいのか

赤ちゃんのこのサインに注目

首がすわってベビーチェアに座れるようになったり、食べ物に興味を示してスプーンを口に入れても舌で押し出さなくなったら、離乳食を与える時期が来ているサインです。大体、生後5ヶ月~6ヶ月頃が目安となりますが、個人差がありますので赤ちゃんの発育具合に応じて対応しましょう。

お米は赤ちゃんでも負担無く食べられるよう、お粥状にして与えます。赤ちゃんの発育に合わせて下記の三段階に分けて与えたほうが良いでしょう。

初めての離乳食(生後5ヶ月~6ヶ月頃)
ドロドロのお粥:1日 大さじ2~3

最初はお米だけを材料にして、飲めそうなくらいドロドロなお粥を与えます。ミルクは今までと同じように与えますが、1日1回ミルクの前に離乳食も与えましょう。

様子を見て量を増やす(生後5ヶ月~6ヶ月頃)
ドロドロのお粥:1日 大さじ4~6
ドロドロの野菜:1日 大さじ4

様子を見て少しずつ量を増やしていきます。離乳食開始後2~4週間ほど経過したら、お粥と同じようにドロドロにした野菜も与えてみましょう。
ミルクは今までと同じように与えても問題ありません。この時期の目標は離乳食に慣れることです。
このとき、注意点としてはアレルギーなどの心配もありますので、初めて与える食べ物は1品ずつ少量から与えて様子を見ましょう。

少しずつ形のある物にする(生後6ヶ月~8ヶ月頃)
軟らかいお粥:1日 大さじ4~6
軟らかい野菜:1日 大さじ8~16

ドロドロの離乳食に慣れたら、ぽってり状(マヨネーズほどの硬さ)にし、それに慣れたら軟らかめ(指で押しつぶせるくらい)にと、ステップアップしていきます。
赤ちゃんが欲しがるときはミルクを与えて問題ありません。

大人と同じご飯にする目安としては、大体、生後1年あたりで変更するお母さんが多いです。

お米を使った離乳食レシピ

おかゆと手づかみ離乳食のご紹介です。

●●倍おかゆ

基本的なお粥です。お米に対して何倍のお水を使うかで硬さの調整をし、お水が多いほど軟らかいお粥になります。

材料

  • 生米適量
  • 適量
  • 野菜適量

下記を目安に、赤ちゃんの発育具合に応じて調整してください。

  • 離乳食初期
  • 10倍がゆお米1に対して水10
  • 8倍がゆお米1に対して水8
  • 離乳食中期
  • 7倍がゆお米1に対して水7
  • 離乳食後期
  • 5倍がゆお米1に対して水5

手軽に作る方法として、以下のように、大人が食べるご飯を炊飯機で炊くときに、一緒に作る方法があります。

作り方

  1. 生米を研ぎ、普通のご飯を炊くのと同じ様に炊飯器にセットする
  2. 耐熱性の湯飲みに生米小さじ1に対して水10といった具合に入れて、赤ちゃん用のお粥を準備する
  3. ②で用意した湯のみを1に入れ、一緒に炊飯する
  4. ご飯が炊けると、湯のみの中にお粥ができる

※炊飯器を使わない場合、鍋を使って2を1時間ほど湯せんしても作れます。

※これらの基本的なおかゆに色々とトッピングして食べさせましょう。
基本は、ほうれん草やかぼちゃ、人参、サツマイモ、キャベツやトマトなどを、柔らかくゆでて熱いうちに裏ごしします。
ブロッコリーのように裏ごしできないものはすり鉢ですって使います。

※余った分は製氷皿に入れて冷凍すると保存に便利です。

手づかみ離乳食 卵ご飯

材料

  • 炊いたご飯0.5合
  • 生卵半分
  • 醤油数滴
  • シラス適量(お好みで追加)
  • 鰹節適量(お好みで追加)

作り方

  1. お茶碗半分のご飯に半分の卵を入れ、卵を混ぜ込んだご飯を用意。
  2. ①の卵ご飯にしょうゆを数滴、薄味になるように入れる。
  3. フライパンに油をかるくひいて、赤ちゃんでも一口で食べられるサイズに丸めて、フライパンに落とす。
  4. お好み焼きの要領で両面焼き、冷ましたら完成。

※①の段階で一緒にシラスやかつおぶしなどを混ぜ込むこともできます。粉チーズ、ケチャップを加えるとオムライス風に作れますので、赤ちゃんの栄養バランスなど発育具合を考慮して入れてみてください。

おすすめお米店