お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

五平餅

五平餅

五平餅は粒が残る程度に搗いた(ついた)ご飯を成形して割り箸などに刺し、焼いてたれを塗った信州の郷土料理です。
神に捧げる「御幣」のような楕円形をしていることが名前の由来といわれています。

どういう料理か

地域によって味や形がかわる

炊いたご飯を平べったい楕円形、もしくは丸型に形成し、割り箸などに刺して焼いた料理です。

たれは醤油ベースまたは味噌ベースがあり、混ぜる具材も、ごま・くるみまたはエゴマなど地域によって異なります。

人気は根強く、サービスエリアやスーパーマーケット、通販などさまざまなルートで販売されている食べ物です。

この料理に合う日本米

作り方によって変える

五平餅は、シンプルにうるち米だけで作るほか、つなぎに小麦粉やもち米を混ぜるなど人によって違いがあるようです。
うるち米は、もち米と相性がよい粘り気が強い品種を選ぶのがおすすめです。
特に、コシヒカリやミルキークイーン、ゆめぴりか、淡雪こまちなどを使うと美味しく作れます。

もち米を使う場合はどの種類でも大丈夫です。

レシピ

五平餅

うるち米でつくります

材料4~5本分

  • うるち米3合
  • 割り箸4、5本
  • たれ
  • くるみ150g
  • 胡麻大さじ1
  • しょうゆ大さじ4
  • 大さじ3
  • みりん大さじ3
  • 砂糖1カップ
  • 赤味噌大さじ1
  • チューブしょうが1cm

作り方

  1. やや硬めにご飯が炊けるよう水加減を調整し、炊飯します。
  2. 炊飯中に<たれ>の準備をします。
    くるみをフードプロセッサーにかけて細かくし、他の材料と一緒にすり鉢に入れ、よくすり混ぜます。
    出来上がったたれは別容器に移しておいてください。
  3. ご飯が炊けたらボウルかすり鉢に移し、すりこぎで粒が若干残るまでつきます。
    つき終わったら、作る本数分に分けて丸めます。
  4. 丸めた状態で割り箸に巻きつけ、形を整えます。
    薄くしすぎると焼くうちに崩れてしまうことがあるので、ある程度の厚みを残しておきます。
  5. ④を魚焼きグリルまたはフライパンで軽く両面を焼き、片面ずつたれをつけ、再度軽く焼き目がつくまで焼いたら完成です。

おすすめお米店