お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

美味しいご飯の炊き方(炊飯器編)

美味しいご飯の炊き方(炊飯器編)

炊飯器を使ってお米を炊くとき、適当にお米を量って、洗って、水を加えて…。そんな状態でご飯を炊いていませんか?

そこをひと手間、少し気をつけるだけで、いつものご飯が更に美味しく炊けるかもしれません。

お米の計り方

すりきりで1カップ

「だいたい1カップ」計量はではなく、
お米1合が計れるカップを利用し、すりきりで1カップ、正確に計りましょう。

正しい量のお米と水量で、ご飯の炊き上がりが格段に変わります。

お米の研ぎ方

ぬかを吸わせないよう注意

洗米前のお米にはぬかがついているので、それを落とすためにお米を研ぎます。
まずは研ぐ前に、水を入れ、2~3回ほどやさしくかき混ぜたらすぐにお水を捨てましょう。

お米は水につけた瞬間が一番水を吸い込みます。ぬか臭さをお米が吸ってしまわないように、手早くすすぎましょう。

水を捨てた後、しっかりとお米を研ぎます。研ぐ際は熊手のように手を広げてシャカシャカと20回ぐらい回転させます。
力を入れるとお米が割れてしまうので注意しましょう。研ぎ終わったら水を入れ、研ぎ汁を捨てます。この作業を3回程度繰り返しましょう。

研ぎ終わったらお米をざるに上げて水を切り、炊飯器の内釜にお米を入れ、表示されている線に沿ってお水を入れます。そのまま、炊いたときに火が均等に通りやすいように30分~冬場は1時間以上浸水させましょう。

お米の炊き方

炊飯釜の周辺をきれいに

浸水が終わったら、いよいよ炊飯です。内釜をセットする際に注意したいのが「水」です。内釜の外側に水滴がついていると、炊飯器の故障や炊きムラの原因となりますのでしっかり拭きましょう。あとはスイッチを押してご飯を炊けば完成です。

炊けたご飯のほぐし方

ご飯た炊けたらすぐにほぐす

ご飯が炊けたら早めに一度、蓋を開けてほぐしましょう。 しゃもじで十字に切り込みを入れ、ブロックごとに下から持ち上げるようにしてほぐします。

その後、30秒ほど蓋を開けておき、余分な水分を飛ばします。

ほぐすのが遅れてしまうと、ご飯がべたついたような感じになってしまうため注意しましょう。

また、炊き上がったご飯は、保温しても2~3時間経つと風味が落ちてしまいます。
そうなる前に美味しく頂くか、もしくは小分けにして冷まし、冷凍保存しましょう。

おすすめお米店