お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

菜飯

菜飯

菜飯はご飯と一緒に青菜を炊き込む、または炊き上がったご飯に青菜を混ぜる料理です。
特に炊き上がってから混ぜると見た目がきれいに仕上がります。

青菜の水分をしっかり切るのが美味しくつくるポイントです。

どういう料理か

室町時代からある食べ物

菜飯は、刻んだ青菜をごはんと一緒に炊き込む、または混ぜる料理です。
菜飯の歴史は古く、室町時代の書物にすでに菜飯の記載があったといわれています。

青菜は大根やカブの葉、菜の花、野沢菜、ほうれん草、小松菜などが使われます。
これらの青菜はご飯を炊いてから混ぜ込んだほうが、炊飯の熱で変色せずいろどりがきれいに仕上がります。

また、菜飯は菜っ葉の持つ栄養価が高く、特に大根の葉は根の部分には少ないビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

この料理に合う日本米

やや硬く粘りがあるお米

粘りや硬さが適度にあるお米が合います。
「あきたこまち」や「ヒノヒカリ」を使用すると美味しく作れます。

レシピ

菜飯

大根葉の菜飯

材料4人分

  • お米2合
  • 大根の葉約200g
  • 塩昆布10g
  • 小さじ1/2
  • いりごま大さじ3

作り方

  1. お米は洗ってから30分(冬場は1時間)浸水させ、水を切ったあと炊飯します。
  2. 大根の葉はさっと塩茹でをして水に入れて冷やします。
    熱が取れたら水気が出ないよう絞って細かく刻みます。
    刻んだあとはさらに水が切れるようにキッチンペーパーで絞ります。(軽く炒めてもOKです)
  3. ご飯が炊けたら刻んだ大根の葉、ごま、塩、塩昆布を加え、切るように混ぜたら完成です。

おすすめお米店