お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

稲作の歴史

日本の稲作の歴史

日本の稲作はかなり古く、縄文時代の後期から既に、遺跡などの調査から、お米が意図的に過熱されたり土の中で炭化したような「炭化米」が発見されています。

最初は陸作などで作られていた稲ですが、水耕栽培の技術が伝わるとたくさんのお米を作れるようになり、煮る方法で食べられていたお米も徐々に調理方法が変わってきました。

どのように稲作が日本に伝わってきたか

縄文時代からお米は作られていた!?

長年、日本人の主食として食べられているお米ですが、いつ頃から日本で栽培され、食卓に上がっているのでしょうか。

正確なルートは未だ解明されていませんが、多く言われている説として、お米の起源は中国で、そこから日本の九州へ縄文時代の頃伝わったとされています。

理由として、前述の通り、縄文時代後期から炭化米が発見されています。
福岡県や熊本県、佐賀県などの九州の縄文時代の遺跡や、静岡県の弥生時代の登呂遺跡などからも「炭化米」が発見されているので、有力説とされています。

稲作が日本に伝わったことでおきた日本の変化

稲作が伝わったことでたくさんの収穫が可能に

稲作が日本に伝わる前、日本では水田を用いない陸作をしていたのではないかと考えられています。
例えば宮崎県上ノ原遺跡では、炭化状況からの推測で縄文時代後期に大麦や小豆、アワ、稲などが栽培されていたことがわかっています。
水田で水耕栽培する前は、陸作で他の穀物と一緒に稲を栽培し、雑穀とお米を一緒に混ぜて食べられていたのではないかといわれています。

稲作の伝来後、一番古いといわれている水田が岡山県の津島江道遺跡で発見されました。水田跡は比較的小さく区切る「小区画水田」というもので、小区画水田は水が少なくても栽培しやすいメリットがあります。
一方、福岡市の野多目遺跡では、現代でも利用されている「大区画水田」の跡が見つかっています。大区画水田は、連作をしても問題が無いといわれ、太陽エネルギーの変換率も良いことから収穫率が高くなるというメリットがあります。

このような環境の変化から、日本は次第にお米を主役とした食生活に変わっていったと考えられます。

炊飯の歴史

初めは煮て調理していました

本格的に日本でお米が食べられるようになったのは弥生時代頃といわれています。
弥生時代の遺跡で見つかった土器にはご飯の焦げ付いた跡があったり、ご飯を調理する際に出てくる吹きこぼれ跡などが見つかっているからです。
しかし、この時代の「炊飯」は今と違い、米を「煮て」食べていたといわれています。

奈良時代頃になると、穀物を蒸すために作られたとされるこしき型の土器が見つかっていることから、お米に徐々に水を打ちながら、お米を蒸して食べていたのではないかといわれています。

平安末期から鎌倉初期の遺跡からは、つばがついたような形の釜が出土しており、羽釜の原型、炊飯も可能であったと考えられています。

炊飯のコツとして「初めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもふたとるな…」という言葉がありますが、これは江戸時代に水の量を調整してその水分をお米が吸い込むようにして炊き上げる炊き干しと呼ばれる炊飯方法のことを表しています。この原理は現代の炊飯器でも採用されている技術です。

おすすめお米店