お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

卵かけご飯

卵かけご飯

卵かけご飯はご飯の上に卵と醤油をかけて食べる料理です。
シンプルですが味わい深く、かける調味料やトッピングの食材によってさまざまなレパートリーが広がります。

近年では人気に火がつき、専用の醤油やふりかけ、レシピ本も出ている奥が深い食べ物です。

どういう料理か

素材のシンプルなおいしさ

たまごかけご飯は炊きたてのご飯に生卵としょうゆをかけた料理です。
非常にシンプルな調理法ですが、日本人にとっては馴染み深い食べ物です。

昔、鶏はペットとして飼育されていましたが、江戸時代頃から日本では卵を食べるようになったといわれています。

はじめは高級な食材という扱いで、生で食べるといった習慣はありませんでした。
一般的に卵が庶民的な食材として扱われるようになったのは昭和30年以降になってからで、以降、栄養面も優れていることから生で卵かけご飯が食べられるようになりました。

近年ではそのシンプルな調理と味に人気がつき、別名「TKG(ティーケージー:Tamago Kake Gohan)」とも呼ばれ、また、卵かけご飯と相性が良い専用醤油や専用ふりかけなどが販売され、より美味しさを追求する流れが出てきています。

この料理に合う日本米

粘りが少ないお米を選びます

粘りが少ないお米を使うと卵との相性が良いです。
「ササニシキ」や「ひとめぼれ」などが美味しく食べられます。

レシピ

卵かけご飯

シンプルなおいしさ

材料2人分

  • お米1合
  • 2個
  • しょうゆ適量

作り方

  1. ご飯を炊きます。
    お米を洗ってから30分(寒い時期は1時間)ほど浸水させ、ざるにあげて水を切ってから炊飯し、炊けたら一度ほぐして、10分ほど蒸らします。
  2. 卵は黄身と白身に分けます。
  3. ご飯を蒸らし終わったら丼に入れ、白身を上からかけ泡立つぐらい良く混ぜます。
  4. よく混ぜたら卵黄を中央に乗せ、醤油をたらして食べます。

おすすめお米店