お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

森のくまさん(夢いずみ)

8年の歳月をかけ育成されたお米

「森のくまさん(夢いずみ)」は1989年より熊本県にて育成されたお米です。
約8年もの歳月をかけて大切につくられました。

当初の品種登録名は「第8123号」でしたが、2000年に「森のくまさん(夢いずみ)」として品種登録されました。

栽培は、熊本県の平坦な地域で行われています。

森の都、熊本で作られたことを主張

名称は、一般公募で決まりました。
熊本といえば「森の都、熊本で生産された米」と思ってほしいという願いから「森のくまさん(夢いずみ)」と名付けられました。

一風変わった名前で覚えやすく、またお米のパッケージには可愛い熊や、熊本県のご当地キャラクターが描かれています。

両親に味の良い品種をもつお米

「森のくまさん(夢いずみ)」は父に「コシヒカリ」、母に「ヒノヒカリ」を掛け合わせて誕生したお米です。
「コシヒカリ」は、味がしっかりしていて粘りがある認知度の高いお米です、「ヒノヒカリ」はコシヒカリと同等の食味をもつお米です。

5年連続「特A」評価の味

玄米の外観はスラッと細く、炊飯するとふっくらと美しく輝きます。

また、お米の食味ランキングにおいて最高評価の「特A」に“5年連続”で選ばれたという実績があります。

冷めても美味しいのでおにぎりやお弁当がおすすめ

粘りが自慢で、冷めても美味しくいただけるので、おにぎりやお弁当のご飯におすすめです。

おすすめお米店