お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

むつほまれ

青森県にて育成されたお米

「むつほまれ」は、1986年青森県にて育成されたお米です。
病気に強く、味に癖がないので食べやすいお米として愛され続けています。

栽培は青森県で行なわれており、多収性です。

誉れ高きお米として羽ばたくように

青森の陸奥の国で育成された美味しくて食べやすいお米として、ほまれ高く育って欲しいという願いを込め、「むつほまれ」と名付けられました。

極寒の地域で育てられた、たくましいお米

「むつほまれ」は、「トドロキワセ」と「藤329号」を掛け合わせて誕生したお米です。
「藤329号」は「あきひかり」の子供にあたります。

癖のない味が魅力的

粒の大きさは中位で、玄米は飴色、頭部が少しだけ突き出ています。
味に関しては素朴で、癖がないので食べやすく、和食によく合うお米です。

雑穀米とブレンドする

そのまま食べてももちろん美味しいですが、粘りが弱めなので、雑穀を2割程度混ぜて食べるとほどよい食感が出てまた違った味を楽しめます。

毎日の白米に少し変化をつけたいときにおすすめです。

おすすめお米店