お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

みずほの輝き

良品質を目指して開発

みずほの輝きは、1996年新潟県で育成され、2011年3月に品種登録が行われました。
近年、日本のお米は温暖化や気候の急激な変化によって思うような品質に仕上がらないことが多く、そのため作期を分散して栽培できるお米の開発が必要となりました。
その中で誕生したのがみずほの輝きです。

秋の日が照らす美しい穂

秋晴れの日の光に照らされた、黄金色に輝く穂を連想してつけられた名前です。
出穂時の穂たちは美しくもあり、神々しくもあります。

新潟県上越地方で誕生

「北陸174号」を父に、「中部98号」を母として掛け合わせが行われました。
恵まれた栽培地の環境から、味も見た目も良いお米として仕上がりました。

栽培地は、前述の通り新潟県の上越地方です。
上越地方とは長野県と新潟県の境にあり、高田平野が広がります。冬の積雪量が多く、寒い地方ではありますが、春には綺麗な雪解け水が流れ出るなど、稲作に適した環境が揃っています。

あっさりとした味わい

みずほの輝きは粒が大きくて美しく、炊き上がりは名前の通り美しい輝きを放ちます。
食感は軟らかくて粘りは弱めです。あっさりとした味わいが特徴で、癖がなく食べやすいお米です。

冷めても美味

冷めても美味しいお米なので、おにぎりやお弁当、お寿司に向いています。
お米の粒の食感をしっかり楽しむことができます。

おすすめお米店