お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ひとめぼれ

「ひとめぼれ」

1993年に東北地方で大冷害があり、「ササニシキ」は大きな被害を受けました。それに変わる品種として「ひとめぼれ」が開発され、作付面積では今やコシヒカリにつぐ広さとなっています。味が良く、またコシヒカリよりも作りやすいという特徴があり、青森から沖縄まで日本全国で生産され流通しています。

市場人気が高い品種

「ひとめぼれ」は1981年に交配し育成が開始されました。そして1991年に「ひとめぼれ」と命名登録され、1993年の冷害がひどかった東北地方を中心に生産が拡大しました。現在では宮城県を中心に、東北中南部の平地や関東以西の温暖地など全国で栽培され、市場の人気も高い品種です。

美しさと味に「ひとめぼれ」してほしい

「お米の美しさに一目惚れして欲しい」「味に一目惚れして欲しい」という願いを込めて名付けられました。

味が良くて寒さに強い

「ひとめぼれ」は1981年に宮城県で、味が良くて寒さに強い品種の育成を目的に「コシヒカリ」を母、「初星」を父として交配され、育成が始められました。 1991年に名前が登録され、翌年には品種登録が行われました。現在では寒冷地以外での生産も拡大しています。

時間が経っても味はそのまま

大粒で存在感のあるお米です。
粘りと柔らかさ、あっさりとした味わいを感じられます。
また炊飯後時間が経っても、味が劣化しないという特徴があります。

どんな料理にも合いますが、特に魚料理はオススメ

魚との相性が良く、刺し身や焼き魚をおかずにするとご飯が進みます。
また粘りが弱く味もさっぱりしていますので、丼もの・混ぜご飯・炊きこみご飯・おむすびとして食べても美味しいです。

おすすめお米店