お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ハツシモ

「ハツシモ」

ハツシモは岐阜県を代表するお米です。岐阜県には飛騨山脈が連なり、また木曽三川からはミネラルを多く含んだ水が流れています。綺麗な水と肥沃な土壌によってこのお米は作られています。

収穫量が少ない「幻のお米」

1950年、岐阜県にて県を代表する奨励品種として育成されました。収穫の時期がお米の中では遅い部類で、稲刈りは10月下旬頃に行われます。さらに収穫量も少ないことから「幻のお米」といわれることもあります。このお米が岐阜県だけで栽培される理由は、粘土質の土壌で標高のあまり高くないところを稲が好むことからきています。

収穫時期が由来

「ハツシモ」は「初霜が降りる頃までじっくりと育てること」から名付けられました。前述の通り日本のお米の中で最も遅く稲刈りを行う品種で、10月の下旬ごろ収穫されます。

岐阜県の奨励品種

1950年、愛知県で「東山24号」を父に、「農林8号」を母として人工交配・育成されました。のちの1955年に岐阜県の奨励品種となり、そこから岐阜県での栽培が急速に広まりました。

大粒で噛みごたえがある

ハツシモの米粒は長形で、お米の中でも1,2を競うほど大きく、さらに光沢があり見栄えが良いです。

味はあっさりとして粘らず噛みごたえがあります。
また年間を通して味が落ちにくく、いつでも安定した品質で美味しく食べることができます。

どんな具とも調和する「すし飯」

粘りがあまりなくさっぱりしているので、すし飯に最適です。冷めても美味しく食べられ、且つお米が持つ本来の味が酢に負けることがないので、どの具と合わせても絶妙に調和します。

おすすめお米店