お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

9月のイベント 十五夜(月見団子)

9月に見られる美しい満月

秋を3つの時期に分けた際、「初秋(旧暦7月)」「仲秋(旧暦8月)」「晩秋(旧暦9月)」となり、仲秋とはちょうどまん中の時期を指し、太陽暦でいうと9月の時期のことをいいます。
日本では古くから月を愛でる習慣があり、特に仲秋の名月(満月)は美しいと好まれ、満月になる15日は貴族階級では歌会など雅な宴が催されてきました。そのため「十五夜」の名前でも親しまれています。

また、民間では月を信仰の対象として、収穫を感謝する風習が広まりました。そして江戸時代になると満月を模した団子をお供えする習慣が根付きました。

月見団子とススキの由来

江戸時代より栗ごはんを食べる習慣が根付きました

月見の定番として定着している月見団子とススキのお供え物が定着したのは、江戸中期に当たります。

形を丸くしているのは、月を信仰の対象として収穫の感謝を祝うお供え物として始めたのが起源です。また、一緒にススキを飾るのは形が稲と似ているためです。そのため、稲をそのまま飾ることもありました。

地方によってはお団子の形が丸型ではなく、芋の形にしているところもあり、別名「芋名月」と呼ぶところもあります。

満月といえば「十五夜」の名前で親しまれていますが、実際には15日に満月にならないことが多いです。この名称は旧暦の暦を基準にした言葉です。
旧暦の暦は月の満ち欠けを基準にしており、毎月1日は月が見えない「新月」となります。その後、少しずつ月が満ち、3日目の月のことを「三日月」と呼び、ちょうど毎月15日が満月の日になりました。

しかし、明治5年に新暦に切り替えたことで、実際の暦とこれらの言葉が指す日にちにずれが生じてしまいました。

レシピ

もちもちの月見団子

材料

  • 白玉粉70g
  • 65ml

作り方

  1. 白玉粉に水を加えながら耳たぶくらいの硬さになるようにこねます。
  2. 一口大の大きさに分けて丸く成形します。
  3. 鍋に水を入れて沸騰させ、この中に②を入れて1分~2分程茹でます。また鍋に団子がつかないようにへらなどで軽くかき混ぜます。
  4. 茹でたら鍋から出し、冷水にとって冷ましたら完成です。

おすすめお米店