お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

9月のイベント 重陽の節句(栗ご飯)

9月9日は重陽の節句(菊の節句)

重陽(ちょうよう)の節句とは五節句の内の一つです。旧暦の9月9日に行われており、この時期は菊の花が咲く時期であることから、菊の節句とも呼ばれています。

日本では平安時代の初期に宮中行事として取り入れられ、元々はこの時代に中国から伝来したばかりの菊の花を観賞しながら宴を催したのがきっかけでした。
時代と共に一般市民の間にも広がり、江戸時代になると五節句の一つとして親しまれるようになりました。また秋の収穫と結び付き、収穫祭のとしての側面もあります。

しかし、明治になると太陽暦を採用したことから9月9日が菊の時期からずれてしまい、それにより次第にこの行事は廃れてしまいました。

重陽の節句の食べ物

江戸時代より栗ごはんを食べる習慣が根付きました

元々、重陽の節句では菊の花を愛でたり、菊を用いて不老長寿や厄払いを行ってきました。そのため、菊の花びらを浮かべたお酒を飲む菊酒、菊の香りを染み込ませた綿で体を清める菊の被せ綿、湯船に菊を浮かべた菊湯、菊の花を持ち寄って優劣を競う菊合わせなど数多くの行事が存在していました。

しかし、秋の収穫の時期でもあることから、次第に秋の収穫際として祝われるようになり、江戸時代になると庶民の間では、秋の味覚の代表である栗を混ぜた栗ごはんを食べることが習わしとなりました。

レシピ

炊飯器で炊ける美味しい栗ご飯

市販のむき栗を使えば簡単に作れます。

材料2~3人分

  • 3合
  • むき栗10個
  • めんつゆ小さじ1
  • しょうゆ色がつく程度
  • ごま塩適量

作り方

  1. 米を洗い、炊飯器に適量の水、米と栗を入れます。
  2. 塩、めんつゆ、しょうゆを入れて炊きます。
  3. 炊き上がったら、お好みでごま塩を振って完成です。

おすすめお米店