お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

5月のイベント 端午の節句(粽・柏餅)

5月5日は端午の節句

端午の節句とは五節句の内の一つです。毎年、旧暦の5月5日に行われてきました。この日は旧暦の午の月の、最初午の日に当たります。端午の「端」は物のはし、つまり始めという意味なので、午の月の最初の午の日の節句という意味になります。

奈良時代の宮中では菖蒲の髪飾りをした人が集まり、天皇から薬玉(薬草を丸めて飾りをつけたもの)を賜る習慣がありました。菖蒲は病や邪気を払う薬草と考えられていたので当時の人に重宝されました。そのため「菖蒲の節句」ともいわれています。

武家文化が根強くなる鎌倉時代になると、菖蒲の葉の形が尖っていることから刀が連想され、また、「しょうぶ」という音が「尚武(武道、武芸を重んじる心)」と同じだったため、男の子の健やかな成長を願う日へとなりました。そしてこのころから、鎧、兜、刀や武者を模した五月人形を室内に飾る習慣が定着しました。

江戸時代になると、江戸の町では庭先に、男の子の立身出世の願いを込めてこいのぼりを上げるようになりました。これは滝を登り切った鯉が龍になる故事になぞらえたものです。

中国からきた「ちまき」と日本独自の「柏餅」

端午の節句の行事食として、ちまきと柏餅があります。ちまきの由来は中国が秦の国によって統一される前の、中国の戦国時代に遡ります。

この時代、秦の国と敵対している国家の一つに楚の国があり、そこには当時の政治家で一番偉い役職についた屈原(くつげん)という人物がいました。この時代の各国の外交問題は秦と同盟を結び、秦と共に生きるか、または秦と敵対するもの同士が手を結び、秦と対抗するかの二択に迫られており、屈原は対抗する道を主張しました。
しかし、結果的に楚の国は屈原の主張とは真逆に秦と手を結ぶ道を選び、秦の裏切りによって楚の国は滅ぼされてしまいました。そして、楚の未来に絶望した屈原は、5月5日入水自殺をしていまいました。

屈原は一般の平民からも慕われている人物であったので、死を悼み笹の葉で巻いたご飯を川に投げ入れました。これが、ちまきの由来といわれています。
それ以降、5月5日の屈原の命日に粽を食べる習慣が根付きました。

一方、柏餅を食べるのは日本独自の習慣とし根付きました。柏の葉は新芽が新しく出るまで木からは落ちない性質があります。このことから、家系の繋がりを重視する日本の社会では家系が絶えない縁起物とされ、広がったことが由来です。

レシピ

中華ちまき

笹の葉で巻くのは手間がかかるのでラップで代用します。

材料20本分

  • もち米5合
  • タケノコ水煮1本
  • 玉葱(中)2個
  • エノキ1袋
  • 豚ひき肉200g
  • 生姜(チューブ)小さじ1
  • ニンニク(チューブ)小さじ1
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • 小さじ1
  • こしょう少々
  • ごま油小さじ1

作り方

  1. もち米を5合炊きます。
  2. 玉葱は縦半分、横半分に切ったあとに薄切りにして、タケノコとえのきはみじん切りにします。
  3. フライパンに油を引き、生姜とニンニクを入れます。香りがでたら、ひき肉を入れて炒めます。
  4. 色が変ったら②の野菜を入れてしんなりするまで炒めます。
  5. 野菜がしんなりしたら、みりん、しょうゆ、塩、コショウ、ゴマ油を入れて水気がなくなるまで炒めます。
  6. ラップに茶碗一杯分のもち米を敷きその上に具材を乗せて、ラップを引っ張るようにしながら巻くと完成です。

柏餅

レンジで作る簡単な柏餅

材料8個分

  • 上新粉100g
  • 白玉粉40g
  • 150ml
  • 砂糖10g
  • あん(市販品)120g
  • 片栗粉大さじ1
  • 水(片栗粉を溶く水)大さじ2
  • 柏の葉8枚

作り方

  1. あんを15gずつ計量して丸めます。
  2. 上新粉と白玉粉と砂糖を混ぜ、水を加えてこねるように混ぜます。
  3. ふんわりとラップをかけ、レンジ(500w)で1分半~2分程加熱します。
  4. 生地を取り出してこねます。このとき、水溶き片栗粉を加えて硬さを調節します。
  5. 平べったい形に成形して中央にあんを乗せて二つ折りに挟み、柏の葉で包めば完成です。柏の葉は時期であれば、大形スーパーや製菓品店で販売しています。

おすすめお米店