お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

3月のイベント 桃の節句(ちらし寿司)

女の子の成長を祝う祭り

桃の節句3月3日に行なわれるとは五節句の内の一つです。時期的に桃の花が咲く頃から「桃の節句」とも呼ばれていますが、正しくは旧暦の3月3日、つまり上巳(じょうし)の日に行なわれていたので「上巳の節句」といいます。

この日は、季節が冬から春になる時期で、季節の変わり目は邪気が入りやすいと信じられていたことから、水辺で穢れを清める習慣が元々ありました。また、この禊ぎを行う一貫として、穢れを身に引き受ける身代わりの人形(ひとがた)を作り、川に流す「流し雛」も行われていました。今でも一部の地域でこの風習は残っています。

今日では一般的に3月3日は「雛祭り」の名が浸透し、この日は雛人形を飾り、女の子の成長を祝う祭りとして定着しています。
雛祭りの由来は雛人形にあります。雛人形の起源は諸説があり、上述した流し雛の人形作りが段々と精巧になり、流す(捨てる)のが惜しくなったため、年に一回だけ飾る習慣がついたという説や、京の貴族階級の子女が人形を使って天皇や天皇の御所を模した小さな屋形を作り、飾り付けをした「雛遊び」という人形遊びが庶民にも浸透したという説などがあり詳細は不明です。しかし、時代の流れと共にこの時期に人形を飾る習慣が根付いたようです。

そして、江戸幕府の時代になると、桃の節句(上巳の節句)が五節句の一つとして定められ、この際に人形は女の子の物に属すということから、「3月3日は女の子の祭」として定められました。

桃の節句の行事食の由来について

桃の節句の行事食として挙げられるものは、「菱餅」「雛あられ」「チラシ寿司」があります。そして、定番の色として、緑、白、赤(桃)が使われています。特に菱餅には顕著にその色が現われています。
これはには、色別に以下の意味づけがあります。

赤(桃)
赤いクチナシの実を使用。魔除けを象徴する色。
血圧を下げるヒシの実を使用。子孫繁栄、長寿、純潔を象徴する色。
ヨモギを使用。強い香りは厄除けの効果があると信じられ、健やかな成長を願う象徴となる色。

また、下から、緑、白、赤(桃)を並べ、「雪の下にも草が芽吹き、やがて花を咲かす」という春の景観も模しています。
そして、この菱餅を細かく砕いたものが雛あられの原型です。

今日では定番食となっているチラシ寿司は桃の節句のいわれは特にありません。しかし、海老(腰が曲がるまで長生きできる)、蓮根(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)などのゲン担ぎとして食される具材を入れて作ることができます。 また、食材を工夫することで、赤、緑、白の3色を取り入れることができ、華やかな祝いの席に相応しいため好んで食べられるようになりました。

レシピ

ちらし寿司

乗せるだけの華やかちらし寿司

材料6~8人分

  • 5合
  • すし酢適量
  • トッピング
  • 錦糸卵適量
  • 桜でんぶ適量
  • 蒸し海老適量
  • 蓮根の水煮(酢蓮根)適量
  • 菜の花適量

作り方

  1. 炊き立てのご飯とすし酢を入れて、団扇で仰ぎながら混ぜて酢飯をつくります。
  2. 菜の花は、沸騰したお湯でゆで、色鮮やかになったら鍋から挙げます。冷ましたら、2cm~3cm大に切り分けます。
  3. 蒸し海老の殻や足を取り、食べやすい大きさに切ります。
  4. 蓮根をパックから取り出し水気を切ります。
  5. 酢飯の上に錦糸卵と桜でんぶを乗せ、その上に②、③、④、のトッピング材料を乗せれば出来上がりです。

おすすめお米店