お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ゴロピカリ

群馬県で人気のゴロピカリ

昭和60年(1985年)、群馬県にて育成が開始されました。
平成2年(1990年)に生産力検定予備試験、翌年以降は「群馬7号」の系統名が付けられ、生産力検定試験と奨励品種決定調査等の試験を行います。
平成4年(1992年)に雑種第10代で育成が完了し、翌年の平成5年(1993年)に品種登録がされました。

ゴロピカリは群馬県で生産されているお米です。
耐倒伏性(たいとうふくせい:稲が倒れにくい)があり、いもち病にも強く、縞葉枯病抵抗性(しまはがれびょうていこうせい)も持っており、稲が丈夫で、群馬県での平坦二毛作地にも適している品種です。

群馬名物の雷から

群馬の名物である、雷がイメージされた名前です。
ゴロピカリの名前は群馬県内で公募を行い、高崎市内の小学生の作品が採用され、その小学生が名付け親となりました。
群馬名物の雷は、稲の豊作をもたらすと言われ、雷の「ゴロゴロ」という音と、「コシヒカリ」の「ヒカリ」を取って「ゴロピカリ」と命名されました。
品種登録は平成5年ですが、「ゴロピカリ」と命名されたのは平成7年(1995年)です。

コシヒカリブレンド米とおおむね同等

ゴロピカリは「月の光」と「コシヒカリ」の掛け合わせによって誕生しました。
病気に強い「月の光」の特性を受け継ぎ、「コシヒカリ」の美味しさを受け継いだお米です。
米の食味ランキングで「Aダッシュ」の評価を獲得したほか、複数産地のコシヒカリブレンド米と「おおむね同等」という評価を受けました。

お米に旨みがあるゴロピカリ

玄米の見かけもなかなかよいお米で、形は丸く、粒厚は薄いです。
食味はとても良く、粘りもあり、もっちりとした食感があります。
炊きあがりは光沢もあり、お米に旨みがあります。

冷めても美味しいのでおにぎりなどに

冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当に向いています。
お米自体も美味しいので、どんなおかずにも合います。
カレーや丼もの、お茶漬けなども抜群の相性です。

おすすめお米店