お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

コシヒカリ

日本全国で生産されるお米

コシヒカリは昭和19年(1944年)、新潟県で育成が開始されましたが、戦時下により1度育成を見送られています。
昭和21年(1946年)に戦争が終了したことにより育成が再開され、育成地を福井県に移したあとは「越南17号」の系統名が与えられました。
昭和30年(1955年)には新潟県と千葉県で奨励品種となり、翌年の昭和31年(1956年)に農林登録され、「農林100号」の番号が付けられました。

現在、コシヒカリは日本全国で生産されています。
生産地としての評価が高いのは、新潟県、福島県などが挙げられます。

越の国に光り輝く米

新潟県と千葉県の奨励品種決定を受け、福井県が「越南17号」の命名に乗り出します。
福井県側は新潟県に命名を委ね、新潟県では福井県と新潟県の両県がかつて含まれていた「越国(こしのくに)」にちなんで、「越の国に光り輝く米」という思いを込めて「コシヒカリ」と命名しました。

ササニシキの親戚

コシヒカリは「農林22号」と「農林1号」の掛け合わせにより誕生しました。
全く同じ掛け合わせから産まれたお米に「ハツニシキ」があります。
「ササニシキ」は「ハツニシキ」と「ササシグレ」の掛け合わせから誕生したお米で、「ササニシキ」はコシヒカリの親戚にあたります。

粘り気、旨みとも最高級

コシヒカリは粘り気が強く、もちもちした食感のお米です。
甘み、旨みも優れており、炊きあがりのコシヒカリは艶も抜群で、輝かしい見た目を演出してくれます。
コシヒカリはお米自体の味が濃く、とても個性の強いお米ですが、味のバランスもよく、ご飯だけで食べても満足できるお米です。

焼肉やハンバーグと相性バツグン

コシヒカリは個性が強く味の濃いお米のため、おかずや料理も濃い味の物が良く合います。
焼き肉やハンバーグ、唐揚げなど、主張の強い料理と一緒に食べると抜群の相性です。
また、冷めても美味しいことから、おにぎりやお弁当にも向いています。

おすすめお米店