お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

きらら397(さんきゅうなな)

北海道の奨励品種

きらら397は1980年、北海道にて育成が開始されました。
1982年には稲の選抜が実施され、その翌年からは生産力検定試験などさまざまな検査が実施されました。
そこで良好な結果が得られたため、1988年、北海道の奨励品種に決定しました。

一般公募で決定

名前は一般公募で選ばれました。 白くて美しい米がきらきらときらめく様子から「きらら」、「397」は最後に試験を受けた稲の番号が「上育397号」であったことから由来しています。
この2つの言葉を合わせて「きらら397」となりました。

寒さに強く、味が良く、多く収穫できる

きらら397は「渡育214号(後のしまひかり)」と、「道北36号(後のキタアケ)」との掛け合わせにより誕生しました。
「渡育214号」は「コシヒカリ」系統の品種で、味が良い品種です。
「道北36号」は寒さに強く、かつ多く収穫できる品種のため、これら2品種の良点をきらら397へ受け継がせました。

あっさりとした味

大きめの粒をしています。あっさりとしていながらも適度な甘みがあり、
お米本来の味を存分に楽しめる品種です。

丼ものに最適

汁気の多い食材と組み合わせてもお米がふやけにくいという利点があるので、丼ものに最適なお米です。
また、お茶漬けにして食べても、ご飯がベタつくことなく美味しく食べられます。

おすすめお米店