お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

いわてっこ

岩手県の奨励品種

いわてっこは、1991年岩手県にて育成が開始されました。
1993年には選抜が行われ、同時に特性の調査などが行われました。
2001年には岩手県の奨励品種として採用され、翌年から作付けが開始されました。

岩手県の中心部地帯で多く生産されています。

自信を持って栽培してほしいという願い

「いわてっこ」という名前は、「農家の皆さんに、自信を持って岩手県のお米を作ってもらいたい」という願いから名付けられました。

寒さと病気に強い

岩手県にて、「ひとめぼれ」と「東北141号(後の「こころまち」)」との掛け合わせにより誕生しました。 どちらも宮城県産で、「ひとめぼれ」は「コシヒカリ」と「初星」との交配から生まれたことから、いわてっこも「コシヒカリ」の遺伝子を受け継いでいます。

また、いわてっこは多収で、いもち病と寒さに強いという特性を持っています。

「A」受賞の味

いわてっこは食味ランキングで「A」を獲得する、実力派のお米です。
炊きたては粒が白く輝き、良い香りが食欲をそそります。

味は粘りがあり、甘みもあるお米です。

いわてっこはどんな料理にも合います

相性の悪い組み合わせがほぼないので、どんな料理にも合う万能タイプのお米です。
良食味なので、ごはんそのものを味わうもよし、おかずと一緒に食べるのもよしです。

おすすめお米店