お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

夢つくし

福岡県で作られたオリジナル米

「夢つくし」は、昭和63年より福岡県にて育成された品種です。
県内でしか栽培されていないオリジナル米で、福岡特産米の中では一番食べられているお米です。

育成、研究には6年の歳月がかけられ、平成6年に「夢つくし」として品種登録されました。

3つの意味が込められている

「夢つくし」の「つくし」は、九州北部の昔からの地名に「筑紫」があり、そこからとられました。
また、「誠意を“つくし”て、親切を“つくす”つもりで栽培する」という意味も重ねられています。

一方、「夢」には「福岡の夢や希望」という意味が込められています。

両親の良い特性を受け継ぐ

「コシヒカリ」を父、「キヌヒカリ」を母として掛け合わせ、誕生したお米です。
「コシヒカリ」は良食味で粘りが自慢の日本の代表的なお米です。
「キヌヒカリ」は光沢が良く、丈夫なので育てやすいお米です。

この2つのお米の良いところをしっかり受け継いだお米が「夢つくし」です。

炊きたての光沢と冷めても粘りと香りが豊かな福岡自慢のお米

粒の大きさは中位で、やや白色です。
保水力が高いので、水の量を少なめに炊飯すると丁度良く炊けます。

炊きたては光沢が美しく、一粒一粒が生き生きとしてふわっと立ち上がります。
口に含むと「コシヒカリ」譲りの粘りを感じられ、何杯でもおかわりしたくなる美味しさです。

また、冷めても粘りと香りを感じられます。

お弁当やおにぎりに最適

冷めてからも粘りと香りが損なわれないので、行楽や学校・職場に行く際のおにぎりやお弁当に最適です。

塩むすびなど、お米本来の味を損なわない味付けにして、素材から出される風味を楽しみましょう。

おすすめお米店