お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

イセヒカリ

台風に耐えたイセヒカリ

平成元年に、台風が伊勢地方を2度襲いました。
当時栽培されていたお米(コシヒカリ)はほぼダメになってしまいましたが、2株だけ無事だった稲がありました。
それが今日の「イセヒカリ」です。イセヒカリはコシヒカリの突然変異種といわれています。

平成7年、試験栽培を始めますが、未だ登録品種や奨励品種として認められていません。
そのため「幻のお米」と呼ばれることもあります。
また現在では、伊勢神宮にて「神にささげるお米(御神米)」として使用されています。

御鎮座2000年記念

平成8年1月16日、三重県伊勢市にある皇大神社の御鎮座2000年を記念して「イセヒカリ」と命名されました。

自然に誕生

イセヒカリは台風の後にたまたま発見された稲のため、人工交配により誕生した品種ではなく、自然に誕生したものです。

浸水がカギ

イセヒカリは硬めのお米なので、炊飯前に通常の1.5倍量の水に6時間程度つけておく必要があります。
水分不足だと口当たりが悪くなってしまうので注意しましょう。

きちんと炊きあがると、ふっくらと甘みがあり、とても美味しくいただけます。
粒は大きめで、甘みは「コシヒカリに匹敵する」ともいわれています。

おにぎりやお寿司に

冷めても味や粘りが落ちないので、おにぎりやお寿司に最適です。
しっかりとした食感をいつまでも保ってくれますので、お米本来のうまみを存分に感じることができます。

おすすめお米店