お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

はえぬき

「はえぬき」

山形県で誕生したお米です。山形は季節の移ろいが鮮明であり、また寒暖差が大きいので、稲作に適した条件が揃った場所です。そのような高条件のもとで「はえぬき」は育成されました。

山形で生まれ育ったお米

「はえぬき」は山形県で交配し、1993年に品種登録されました。以前は山形県のみで作られていましたが、現在は東北各地及び四国でも早期に収穫できるお米として生産が行われています。

生粋の山形っ子

「はえぬき」という言葉には「その土地で生まれ、その土地で育つ」という意味があります。

ですから、「山形で生まれ、山形で育つ」という意味をこめてこの名前となりました。

いいとこ尽くしの「夢の米」

「庄内29号」と「あきたこまち」を交配し、10年の年月をかけて1992年に完成したお米です。

最高峰の味と評価され、さらに稲自体が強い、また病気にも強く安定した収穫を得ることができるので、「夢の米」とも賞されています。

20年連続「特A」受賞

形はひと粒ひと粒が大粒でしっかりとしていますので、炊飯中も変形がほぼなく、炊き上がりはふっくらと適度な水分を保った状態になります。 口に含むと甘みがあり、さらにしっかりとした歯ごたえを感じることができます。

また、はえぬきは1994年より20年連続して「特A」を獲得した実力のあるお米でもあります。

冷めてもおいしい

20年連続「特A」受賞の味を楽しむには、やはりお米をそのまま食べるのが一番美味しい食べ方です。

お弁当やおにぎりにして、お米本来のうまみを堪能しましょう。

おすすめお米店