お米店(米屋)を探せる情報検索サイト

ブリのあつめし(大分県)

ブリのあつめし(大分県)

ブリのあつめしは、しょうゆだれに漬け込んだブリのお刺身をご飯の上に乗せ、上から熱いお茶や出汁をかけて食べる大分県の郷土料理です。 さっぱりしながらもコクがあり、スルスルっと何杯も食べられる一品です。

どういう料理か

漁師料理がきっかけ

ブリのあつめしは、「ブリの温飯」とも書きます。
漁師のまかない飯が発祥とされ、水揚げしたブリを船上で刺身にし、余ったものをしょうゆに漬け保存食として食べていたといわれています。

また、ブリのあつめしは別名「琉球」とも呼ばれます。
これは、「しょうゆに漬け保存食として食べる」調理法を大分では「琉球」と呼ぶことからきています。

地域によってはカツオやサバ、アジなどで「あつめし」を作ることもあり、各地の漁師料理として根強い人気を博しています。

この料理に合う日本米

硬めのご飯は相性抜群

汁気の多い料理になりますので、
ササニシキ、にほんばれ、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、あきたこまち、きらら397、つがるロマン
など粘りが少なくさっぱりとしたお米が向いています。

レシピ

ブリのあつめし

お好みでわさびを添えて

材料4人分

  • お米2合
  • ブリ1冊分
  • 大さじ4
  • みりん大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • しょうゆ90cc
  • お茶お好みの量
  • いりごま、青じそ、ネギお好みの量

作り方

  1. 酒とみりんを鍋に入れて火にかけ、アルコールを飛ばします。
  2. アルコールを飛ばしたら砂糖としょうゆを加え、よく混ぜます。
  3. 火を止め、軽くすったごまを入れて混ぜます。これでたれが完成するので冷ましておきます。
  4. ブリをお刺身で食べる大きさに切ります。
    厚さはお好みですが、薄く切った方がたれと絡みやすいです。
  5. たれが冷めたらブリの刺身と和え、そのまま冷蔵庫に入れて漬け込みます。
    2時間以上は漬けると味がしっかりしみこみます。
  6. 食べる直前にご飯を炊き、ごはんの上に漬け込んだブリを乗せ、熱々のお茶をかければ完成です。
    お好みに合わせて薬味のねぎや青じそをかけて召し上がってください。
    わさびを添えるのもおすすめです。

おすすめお米店